ワキ脱毛は予防接種前後でもできるの?

予防接種

脱毛は、黒いものに反応する特殊な光をお肌に当てることで行います。フラッシュ脱毛と呼ばれており、お肌に作用することはないので安全に脱毛出来ると言われています。

 

ですが薬を服用している場合、配合されている成分によってお肌が敏感になり光に反応して赤くただれてしまうこともあります。常用している薬や服用中の薬があった場合、薬の種類によっては脱毛をお休みしなければいけないこともあるように、予防接種においても同じだと考えておいてください。インフルエンザなどの予防接種と脱毛エステの予約がダブルブッキングしてしまった時などは、大事を取って脱毛はお休みした方が良いでしょう。

 

予防接種は体内に毒素のない病原菌を入れることによって行います。したがってその病原菌が原因で何かしらの反応を受けることも想定されるのです。脱毛サロンは医療期間ではなく、施術者も医療従事者ではありません。予防接種と脱毛エステが被ってしまった際、予防接種を行う病院に脱毛出来るかどうか聞いてみましょう。基本的には1週間から20日開ける必要があると言われています。

 

その期間に重なってしまったら予防接種の時期をずらしてもらいましょう。サロンは予約を変更すると予約が取りにくくなる可能性がありますので。自分が元気であっても予防接種やお薬を飲んでいる最中はどんな小さな刺激にも弱くなっている可能性があります。綺麗に脱毛するためにもお薬を飲んでいる最中や予防接種前後は脱毛をお休みしましょう。

 

ただどうしてもという方は、体へのダメージがほとんどないディオーネを利用するといいと思います。ディオーネであれば予防接種から1週間あければ脱毛を受けることができます。

 

⇒ディオーネを詳しく見てみる

 

 

 

⇒失敗しないワキ脱毛サロンの選び方