ワキ脱毛でワキガになりやすくなるって本当?

「ワキ脱毛をするとワキガになるの?」といった質問がありますが、答えは「No」。脱毛によってワキガになることはあり得ませんのでご安心くださいね。

 

 

ワキガとは、毛穴の中にあるアポクリン腺から分泌される汗が原因で起きる臭いのこと。人に不快感を与える臭いですので、誰でもこまめにケアしたい部分ではあります。人は誰でも汗のにおいはあるものですが、ワキガは特殊な臭いのために敬遠されがちに。

 

 

ワキ脱毛をしたらワキガになった?!という方もいらっしゃるようなのですが、これは間違いです。ワキガは基本的に遺伝からなるもの。光脱毛などの外部刺激によってワキガになることはまず考えられません。

 

 

気になるという方は、以下のような症状に心当たりはあるようです。

 

脱毛してから汗の量が気になるようになった

 

これは、今まであった体毛がなくなったことで汗を感じやすくなったために起きる症状です。しばらくすると慣れてはきますが、この間に臭いを感じる人も多いのだそう。これは今まで体毛によって気が付かなかった汗が、脱毛によって感じるようになったため。そのため臭いもきになる…という方が多いようです。

 

 

むしろ、体毛がなくなることで汗を出すアポクリン腺の働きが鈍ります。結果的に汗の量を抑えることが出来るので、不快なワキの臭いを感じなくなることの方が多いんですよ。また、雑菌の繁殖も抑えてくれるのでワキを清潔に保つことにも繋がります。

 

 

ワキ脱毛は「ワキの臭いが気になる…」という方にこそおすすめしたいと言えるのです。

 

⇒失敗しないワキ脱毛サロンの選び方