なぜワキに毛が生えているのか?脱毛でなくなっても問題ない?

体毛の一つ一つに意味があり、実は「ムダ」な毛って存在していないのです。ですが、ムダ毛が生えているとやっぱりカッコ悪いし恥ずかしいですよね…。

 

最近では光脱毛などで、ワキ毛などのムダ毛を脱毛する方が増えてきましたが、基本的にワキ毛が無くなっても問題はありません。ワキ毛が生えているのは柔らかい部分にあるリンパ管などを守る為にありますが、汗と共に「体臭」を出す為としても存在しているのです。

 

一般的にこの体臭は「フェロモン」と呼ばれており、異性を惹きつける為に発せられるものになります。動物の世界では「フェロモン」がとても重要で、子孫繁栄には欠かせないものですよね。ですが、いくらフェロモンが出るからと言っても…女性にとっては「臭い」と言われるのは酷な事ですよね。

 

それに、ワキのムダ毛は「守る」「フェロモンを出す」という良い役割だけではありません。ワキ毛があると熱がこもりやすく、汗をかくと雑菌が繁殖してしまいます。雑菌が繁殖するとイヤな臭いを発してしまうので、実は「無くても良い」とも言われてるのです。

 

 

ワキ脱毛によってムダ毛が無くなると「ワキガになる」との話もありますが、実は逆でワキガが良くなった!という話もある程なんですよ。衛生面や見た目の美しさなどから総合しても、ワキのムダ毛は脱毛によって処理しても問題ないと言えるでしょう。むしろワキの臭いに悩んでいる方は、積極的に脱毛した方が良いとも言えるのです。

 

⇒失敗しないワキ脱毛サロンの選び方