ワキ脱毛と毛周期の関係

どんな毛にも毛周期という、毛の生え変わりサイクルが存在します。

 

・退行期(毛根は休止状態)
→これまで元気に成長していたムダ毛は徐々に勢いをなくし、その働きが鈍ってきます。毛根が弱りはじめ、毛が抜け始めます。

 

・休止期(毛根は休止状態)
→退行期だった毛根が完全に働きを止めてしまうことで毛が抜け落ちます。その後は休止期となり、新たな毛が生えてくるまでその毛穴はお休みしている状態。

 

・成長期(毛根は活動期に入る)
→皮膚の下から新しい毛が生えてきて、新たな立派なムダ毛へと成長を遂げます。若いムダ毛ですので、太くて硬いイキイキとした毛に成長していきます。

 

この3つのサイクルを繰り返し、毛が生えたり抜けたりするワケです。ワキ脱毛はこの毛周期を利用して行います。

 

元々ワキ脱毛に使用されている光脱毛は成長途中の毛にしか反応できません。ムダ毛を支えているのは毛根であり、休止状態の毛根にダメージを与えても意味がないからです。

 

 

この毛周期のサイクルは個人差もありますが、大体1〜2ヶ月程度。3ヶ月もあれば綺麗に毛は生え変わります。よって、一度ワキ脱毛を行ったら次に施術を受けられるのは最低でも2ヶ月後。今成長期の毛がダメージを受けることで抜け落ち、新たな毛が生えそろうまで待たなければいけないのです。

 

 

ワキ脱毛を行う際には毛周期のことはスタッフにより必ず説明されます。この2つの関係は切っても切れない関係だというワケなのですね。

 

⇒失敗しないワキ脱毛サロンの選び方