クリニックと脱毛サロン・エステの違い

クリニックとサロンの違い

クリニック脱毛

→こちらはレーザー脱毛となります。

 

クリニックで使われているレーザーは威力がとても強く、医療資格を持っていなければ操作をすることは出来ません。無資格者が操作することは法律で固く禁じられているのです。

 

レーザー脱毛は強い威力で毛根を破壊しますので、永久脱毛が可能となります。

 

一度脱毛してしまえば二度と生えてくることはありません。威力も強いので毛量が多く太くて硬い毛でも少ない回数で効率よく取り切ることが出来るのが特徴です。

 

しかしその分お値段も結構はずんでしまうので、金銭的な部分がネックで受けるのを躊躇してしまう方が多いそうです。

 

脱毛サロン・エステ

→今の主流は光を当てるだけの光脱毛です。

 

一昔前まではニードル法が多く出回っていましたが、激痛を伴うということで扱っているサロン・エステはかなり減少しています。光脱毛は一気に広い範囲を照射できるので、これまで脱毛にかかっていた時間がかなり短縮されるのも一つのポイント。

 

しかしながらサロン・エステで使用している光脱毛は威力が弱いので、全てのムダ毛を取り去ることは出来ない場合があります。

 

頑固なムダ毛は少しずつ薄くはなりますが、うぶ毛として残ってしまう場合があります。自然な形ではなく、完璧を求める方にとっては合わないかもしれないですね。

 

また、威力が弱いので毛量・毛質によっては通う回数を増やさなければいけないという特徴もあります。

 

基本的にはサロン・エステの方が安いのですが、場合によっては回数をこなさなければいけないこともあるので、割高になってしまう場合もあり得ます。

 

ちなみに光脱毛は医療機器ではありませんので、資格がない人でも扱えるのが特徴です。

 

 

⇒失敗しないワキ脱毛サロンの選び方