ワキ脱毛ってどのくらい痛いの?

ワキ脱毛 痛くない

一昔前までは「すっごく痛い!」と言われていた脱毛ですが、今は実はそんなことありません。

 

 

昔はニードル法と言いまして、特殊な装置を使って毛穴に針を差し込み、毛根に直接ダメージを与えてから引っ張って抜く方法が主流でした。この方法は毛を引っ張って抜くので、部位によっては耐えられない痛みもあったそうです。

 

 

現在では特殊な光を当てるだけの光脱毛が主流ですので、痛みもかなり減ったと言われています。

 

 

実際に私はニードル法と光脱毛、両方経験したことがあります。ニードル法はいわば毛抜きと同じ。処理後は毛穴が赤く腫れてしまうので見た目はあまりよろしくないかと…。それに、抜きなれていない部位(Vゾーンなど)は涙が出るほど痛い!

 

 

一方現在主流で多くの脱毛サロンで取り入れられている光脱毛は一瞬「チク」っと痛む程度。ワキなら「まだかな、まだかな〜」と思っているうちに終わっていた、という感じ。毛が太く濃くなるにつれて多少痛みも伴いますが、ニードル法のように耐えられない痛み、という訳ではありません。

 

 

肌が黒く色素沈着を起こしていたりすると、刺激が皮膚にまで伝わってしまうのでその場合は結構痛いです。私はVラインが下着の摩擦によって黒ずんでいるのですが、ここの部位を脱毛する時は結構痛かったです…。

 

 

しっかり患部を冷やすことで痛さも軽減されるので、冷却に関してはしっかり行っているサロンを選びましょう。このサイトで紹介している脱毛サロンはどこもしっかりしているので安心です。きちんと冷やさないと火傷をしてしまう危険性もありますのでご注意を!

 

⇒失敗しないワキ脱毛サロンの選び方