ワキ脱毛の前後に飲酒しても大丈夫?

多くのクリニック・サロンでは「脱毛前後の飲酒は禁止」としています。お酒を飲むと代謝が良くなり、体が暖かくなってきますよね。中には皮膚が過敏になるケースもあるそうです。この「代謝が良くなる」「肌が過敏になる」が脱毛には非常によろしくないのです。

 

 

脱毛は患部を冷やしながら光を当てて行うもの。これは光による刺激や熱を和らげる作用があるんですね。ですが、飲酒で代謝があがり体温が高くなったらどうでしょう…?通常十分冷えた上体で行っていた脱毛も、体温が上がることによって十分に冷やすことが出来なくなります。

 

 

よって脱毛時の痛みや刺激を感じやすくなってしまうんですね。痛みを少なく、安全に受けることが出来るのが光脱毛のメリットです。安心して脱毛を行うためにも、脱毛前の飲酒は控えましょうね。

 

また、脱毛が終わった後も飲酒は控えてください。サロンでは当日の飲酒は禁止事項としています。脱毛後は肌に熱がこもっている場合も多く、当日のお風呂(湯船につかる)もトラブルを避けるために禁止されています。激しい運動も禁止されており、体温を上げる行為自体があまり良くないこととされているのです。

 

 

飲酒もその中の一つ。お酒を飲めば体温が上昇するので、脱毛後のお肌に何らかの刺激が加わり患部がダメージを受ける場合も考えられます。「ちょっと位なら大丈夫かな?」という気持ちは捨てましょう。何かあってからでは遅いので、脱毛前後のお酒は禁止と覚えておいてくださいね。

 

⇒失敗しないワキ脱毛サロンの選び方