ワキ脱毛って日焼けしていても大丈夫なの?

光脱毛の最大の特徴は「黒いものにだけ反応し、効果的に毛根にダメージを与える」ということ。これによって少ない威力で確実に毛のサイクルを破壊し、ムダ毛を生えにくくしてくれるのです。

 

 

よく夏になると「日焼けしちゃったけど施術できますか?」といった質問がサロンさんにもたくさん寄せられるのだそう。この答えは「ダメ」です。

 

 

先ほどもお話した通り、脱毛の光は「黒いもの」に反応します。いわゆるメラニン色素ですね。肌が黒いと毛根だけでなく肌にもダメージを与えてしまうため、脱毛中の日焼けは「絶対にNG」とされています。

 

 

脱毛の光が分散されることにより、毛根に与えられるダメージももちろん少なくなってしまいます。日焼けによって乾燥したお肌にさらに刺激を与えてしまうことになるので、さらなる乾燥の原因にも…。

 

 

そもそも日焼けはお肌にとっては絶対によくありません。紫外線はシミなどの原因にもなりますし、肌の奥深くの角質層にダメージを与え、コラーゲンを破壊します。たるみやシワなどの原因にもなってしまうんですよ。今は良くても、10年後のことを考えるならば日焼けは絶対にNGで!

 

 

もちろんこれから脱毛を考えている方も日焼けには十分に注意してくださいね。サロンによっては日焼けを確認してしまうと施術を断られてしまう場合もあります。それほど日焼けは脱毛には良くないものですので、夏の脱毛の際にはご注意を!

 

 

海や川、山などに行くときは日焼け止めを必ず塗り、しっかり紫外線からお肌を守っていきましょうね。

 

⇒失敗しないワキ脱毛サロンの選び方